理事長ご挨拶

財団について

近年、急速な高齢化の進展、疾病構造の変化など、健康を取り巻く環境が大きく変化し、健康づくりに対するニーズも一層高度化、多様化する中、兵庫県では、県民一人ひとりが生涯にわたって生き生きとした生活を送ることのできる社会の実現をめざして、「健康づくり推進条例」を制定し、健康づくりを社会全体で推進する仕組みづくりに取り組まれています。

兵庫県健康財団においても、兵庫県や各種団体と緊密に連携しながら、「県民の総合的な健康づくりのパートナー」をめざして
(1)「健康ひょうご21県民運動」の推進による県民の健康づくり実践活動の支援
(2)生活習慣病や結核、がんなど疾病を予防するための正しい知識の普及啓発
(3)健康診断・生活習慣等改善指導の実施と健康に関する調査研究の推進
を積極的に推進しております。

平成26年4月1日付をもって理事長に就任以来、これまでの健康財団の歩みを引き継ぎ、公益財団法人として当財団の活動の成果を県内各地の地域特性やライフステージに応じたきめ細かな活動につなげ、あるいは行政機関の施策などに活かしていただくことにより、県民の皆様の公衆衛生の向上に貢献してまいりますので、引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人 兵庫県健康財団
理事長 太田 稔明