健康診断

HOME健康診断 > 特定健診

特定健診

特定健診とは?

平成20年度から、40歳から74歳の被保険者および被扶養者を対象として、メタボリックシンドローム(内臓脂肪蓄積型肥満)の予防、解消に重点をおいた、生活習慣病予防のための健診が、医療保険者(区市町村国保、健保組合等)に義務づけられました。これを「特定健康診査(以下「特定健診」)といいます。

※運営についての重要事項に関する規程の概要 PDFアイコン

特定健診の内容

・基本的な健診の項目

全ての対象者が受診しなければならない項目(基本的な健診の項目)は、次のようになります。

検査項目 料金(税抜)
診察、身長、体重、BMI、腹囲、血圧測定、尿検査(糖、蛋白)、血液検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、HDL-CHO、LDL-CHO、TG、GLU) 6,500円
上記にHbA1cを追加した場合 6,990円
・詳細な健診の項目

対象者のうち、医師の判断により受診しなければならない項目(詳細な健診の項目)としては、貧血検査・心電図検査・眼底検査、血清クレアチニン検査及びeGFRの4項目となります。

追加項目 料金(税抜)
貧血検査(Hb、Ht、RBC) 220円
心電図検査 1,300円
眼底検査 1,120円
血清クレアチニン検査及びeGFR 110円


 【申込み・問合せ先】
※お手元に受診券及び健康保険証をご用意の上、お電話でお申し込みください。

施設業務課  TEL 078-579-3400 / FAX 078-579-3434

出張健診をご希望の団体は、渉外企画課(TEL078-793-9333)へお問い合わせください。

このページのTOPへ