健康情報

HOME健康診断 > 定期・雇入時健康診断等

定期・雇入時健康診断等

種  別 検査項目 料  金
(税抜)
定期健康診断
雇入時の健康診断
海外派遣労働者の健康診断
深夜業従事者の自発的健康診断
診察、身長、体重、BMI、視力、腹囲、血圧測定、
尿検査(糖、蛋白)、心電図(※)、選別聴力(※)、
胸部エックス線検査(デジタル撮影)、
血液検査(赤血球、血色素、AST(GOT)、ALT(GPT)、
γ-GTP、HDLコレステロール、LDLコレステロール、
中性脂肪、血糖)(※)
8,000円
上記健康診断にHbA1cを追加した場合 8,490円

△γ-GTPはγ-GTのことです。以下同じ。

(※)35歳を除く40歳未満の受診者について、健康診断を実施する時点の健康状態、日常の生活状況、作業態様、過去の健診結果等を総合して把握している産業医等の医師が、個々の受診者ごとに省略しても問題ないと判断した項目のみ、省略することができます。


種  別 検査項目 料  金
(税抜)
特定業務従事者の健康診断 診察、身長、体重、BMI、視力、腹囲、血圧測定、
尿検査(糖、蛋白)、心電図(※)、選別聴力(※)、
血液検査(赤血球、血色素、AST(GOT)、ALT(GPT)、
γ-GTP、HDLコレステロール、LDLコレステロール、
中性脂肪、血糖)(※)
6,500円

△過去1年以内に、胸部エックス線検査を実施していない場合は、胸部エックス線検査が必要となり、別途1,500円(税抜)を加算します。

(※)35歳を除く40歳未満の受診者について、健康診断を実施する時点の健康状態、日常の生活状況、作業態様、過去の健診結果等を総合して把握している産業医等の医師が、個々の受診者ごとに省略しても問題ないと判断した項目のみ、省略することができます。


種  別 検査項目 料  金
(税抜)
海外派遣労働者の健康診断で医師が必要と判断したときに実施しなければならない項目 (1)胃部エックス線検査デジタル撮影(直接撮影手法) 12,210円
(2)腹部超音波検査 5,300円
(3)血中の尿酸の量 60円
(4)B型肝炎ウイルス抗体検査 880円
(5)血液型検査(ABO式・Rh式) 1,920円
(6)糞便塗抹検査 540円

△(1)~(6)の料金は、上記の海外派遣労働者の健康診断と同時に受診した場合の料金です。


種  別 検査項目 料  金
(税抜)
労災保険二次健康診断 空腹時血中脂質、空腹時血糖値、HbA1c、
胸部超音波検査、頸部超音波検査、微量アルブミン尿
無料
(制度負担)

対象:健康診断において、次の検査項目の全てについて「異常の所見がある」と診断された方
(血圧検査、血中脂質検査、血糖検査、腹囲またはBMI(肥満度))

△労災保険制度に特別加入されている方及び脳血管疾患又は心臓疾患の症状を有している方は対象外となります。
△一次健康診断の受診日から、2ヶ月以内の受診が条件となります。

種  別 検査項目 料  金
(税抜)
給食従業員の検便 赤痢・サルモネラ菌、下痢原性大腸菌、O-157 3,800円



※出張健診で行った場合は、別途出張料金が必要となることがあります。

※指定様式による結果作成の場合は、別途診断書料が必要です。

このページのTOPへ