講師派遣・研修会

HOME > 講師派遣・研修会 / 健康づくり支援者スキルアップ研修会(座位行動研究の最前線と今後の身体活動指導)

健康づくり支援者スキルアップ研修会

詳細、申込用紙はこちら → 「実施要項」pdfアイコン

テーマ
「座位行動研究の最前線と今後の身体活動指導」
目 的
  保健師、管理栄養士、健康運動指導士等の健康づくり指導者や介護分野等で健康づくり支援に携わる専門職等の資質向上を図るため、身体活動(生活活動、運動)指導を中心とした最新の知識・技術を学習する研修の機会を提供し、総合的な健康づくりを推進する。
対 象
・ 保健指導事業等に携わる保健師、管理栄養士、栄養士等の有資格者で身体活動指導に直接ま
 たは間接的に携わる者
・ 健康運動指導士、健康運動実践指導者、スポーツプログラマー、ヘルスケアトレーナー、日本体育
 協会公認スポーツ指導者(スポーツプログラマー、アスレチックトレーナー、フィットネストレーナー
 等)等健康づくり身体活動指導に関連する資格を有する者
内 容
  近年の身体活動の研究で、仕事やテレビ視聴、パソコンやスマートフォンなどの携帯端末利用に伴う座位行動を中心とした不活動は、余暇時間における良好な運動習慣の有無に関係のないすべての年齢層に共通する独立した健康上の危険因子であることがわかってきました。
  不活動の予防、改善は、今後の健康づくり指導はもちろん、家庭、教育、職場などにおける環境づくりや町づくりなどにも変革をもたらします。
  我が国における座位行動の健康への影響に関する研究の第一人者である早稲田大学スポーツ科学学術院 岡 浩一朗 教授に監修いただき、神戸大学大学院保健学研究科 井澤 和大 准教授とご一緒にこれまでの研究結果や課題についてご指導いただくとともに、今後の健康づくり指導者に求められるスキルを高める機会とします。

  •   講演1  「座位行動研究の最前線」
  •   実技・実習1  「“脱”座りすぎ生活への取組み」
  •             講師: 早稲田大学スポーツ科学学術院教授 岡 浩一朗 氏
  •   講演2  「加齢に伴う内部障害 -リスクと対応-」
  •   実技・実習2  「身体機能・体力の簡単な測定法や身体活動促進法」
  •             講師: 神戸大学大学院保健学研究科准教授 井澤 和大 氏
日 時
平成31年1月12日(土) 9:50~16:30
会 場
公益財団法人 兵庫県健康財団 保健検診センター
〒652-0032 兵庫県神戸市兵庫区荒田町2丁目1番12号 TEL: 078-579-1300(代)
受講料
12,000円(税込)
受講証明
  希望により健康運動指導士、健康運動実践指導者、日本体育協会公認スポーツ指導者には受講証明書(認定番号:186768、講義2.0単位、実技・実習3.0単位)を発行します。
申込受付
詳細について「実施要項」 PDFアイコンでご確認の上お申込みください。
平成30年10月1日(月)より電話にて受講予約を開始します。
※ 定員を超えた場合はその時点で締め切ります。



申込み・問合せ先

このページのTOPへ