お知らせ

いのちの勉強会(10/29)を開催しました

 臓器移植普及推進月間(10月)の関連行事として、兵庫県医師会館(神戸市中央区)にて「いのちの勉強会」を開催しました。
 この勉強会は、兵庫県と当財団が共催し、県内の看護学生、県民等を対象に、臓器移植医療に対する理解と、臓器提供する、しないにかかわらず意思表示をすることの大切さを学んでいただくためのものです。

臓器移植の基礎知識を学ぶ講義として兵庫県臓器移植コーディネーターの杉江英理子氏による「ミニ講座」、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 地域救急・災害医療学講座講師の尾迫貴章先生による講演「終末期医療と臓器提供」、臓器移植を受けられた患者様のお話から、臓器移植について学び、考え、議論していただけるような内容で、県下の看護学校等6校の学生・県民等291名の参加で会場は満員となり、みなさん熱心に受講されました。 
 また、兵庫県健康財団のマスコットキャラクター「けんぞうくん」も来場し、みんなで一緒に臓器移植のことについて勉強する良い機会となりました。