お知らせ

予防しよう!結核は重大な感染症 ~9月24日~30日は結核予防週間です~

                                      シールぼうやとシールちゃん


 結核は、今でも世界の死亡原因のトップ10に入る感染症です。
 2019年、日本では15,590人が発病し、2,204人が亡くなり、世界では毎年1,000万人が発病し、神戸市の人口に相当するおよそ150万人が亡くなっています。結核は昔の病気ではありません。
 2020年に入り大流行している「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」は、9月3日現在で日本では感染者数が約7万人、約1,300人が亡くなり、世界では感染者数が約2,583万人、約86万人が亡くなっています。どちらも重大な感染症です。


このような症状が出たら要注意!
・ 結核と新型コロナウイルス感染症に共通する症状に、発熱、せき、倦怠感があります。
・ 結核は微熱や咳が2週間以上続いたり、顕著な症状が出にくいケースもあり、食欲がない・元気がないという日常の様子の変化のみで受診・発見が遅れると重症化し、感染が広がります。
結核は治療により完治できます
・ 今、一番懸念されているのは、コロナウイルス感染を恐れ、受診や健診をためらっている間に結核の診断が遅れることです。
・ 結核は長い歴史の中で治療法が確立され、現在では服薬で完治することができます。
早めの受診、定期的な検査を
・ 体調の変化を感じたら、早めに受診しましょう。
・ 受診する際には医療機関に行く前にまず電話等で自身の状態を伝え、対処することが重要です。
・ また、体調に変化がなくても、定期健診は欠かさず受診してください。



複十字シール運動をご存じですか?
 感染症予防は世界レベルの課題です。
 結核予防会および全国の支部では、「結核のない世界」をつくるため、複十字シール運動による募金活動を実施しています。収益金は、日本や世界の結核征圧に向けた医療や普及啓発活動、及び開発途上国への結核対策支援等に活用しています。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 複十字シール運動募金