健康診断項目とその結果についての説明

健診後の指導・相談

健診結果判定は見落としを防ぐため、少し広めに行っています。そのため、「要精密検査」であっても、再検査すると「異常なし」「放置可」と出ることも少なからずあります。
それでも精密検査の指示があった場合、たとえ症状が無くても受診が必要です。症状の無いときに、異常を早期発見・早期治療することができれば、身体への負担も少なくてすみます。「以前も精密検査では異常がなかったから」という理由で「どうせ今回も大丈夫、何もない」と自己診断をして放置すると、せっかく受けた健康診断の結果を活かすことができません。
精密検査が必要と判定された場合は、必ず早期に医療機関への受診をおすすめします。

脂質代謝


糖代謝


肝機能


貧血・血球


腎機能


甲状腺


膵機能


炎症


循環器


胸部


肺機能


胃部


大腸


乳房


子宮


その他検査項目